2008年02月14日

囚人のジレンマ


ゲーム理論について調べてみると、以下のようなことが書いてあります。
(1) 相手がいる
(2) 相手の出方を考慮して、自分の行動を決める
(3) 自分の行動と相手の行動の両方で、結果が決まる

将棋やチェスなどは、このゲーム理論の特徴を満たしています。

今回は、ゲーム理論の中枢ともいえる囚人のジレンマについて読んでみました。

<参考: 囚人のジレンマ>
・合理性が不幸な結果を招く

・論理的に正しい答えが誤った結果を招く

・互いに利益を出せるポイントを探すのが大変

・相手との対戦は、しっぺ返し戦略がきく
 やられたら、やり返す



posted by Cardoso at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済beginners | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。