2008年02月24日

水とダイヤモンドのパラドックス

放送大学.gif

水や空気は人間には必要なものであるのに、価格はゼロ。しかし、ダイヤモンドは人間には必ずしも必要なものではないのに、価格が発生する。これはなぜだろうか、といったパラドックスの話が放送大学の講義で出てきました。

普段、考えもしない疑問なのですが、希少性がキーワードになっているんですね。

<参考:経済学入門04 第1回>
・水
 - その昔、無料だった
 - ないと、人間は生きていけない
・ダイヤモンド
 - とても高い
 - しかし、なくても生きていける

水の場合、需要に比べて供給は十分なので、価格はゼロ。
ダイヤモンドの場合、需要に比べて供給が不十分なので、価格が発生する。

物が有り余っていて、本当に十分に足りていれば、希少性はなくなるが、実際はそうではない。
お金を払っているということは、希少性があるということ。
足りないから値段がついている。


ラベル:経済beginners
posted by Cardoso at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済beginners | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。