2008年03月10日

輪切りの力


 
適応性無意識という言葉があり、論理的に説明はつかなくても、何かおかしいと一気に結論に達する考え方のことを言います。

慎重に、よく立ち止まって考えろと言われることもあれば、いろいろと考えた結果、最初の直感が正しかったということもあり、意思決定は難しいことが多いですが、この本では、ある種のひらめきを第一感と表現しており、この第一感は鍛えることができ、自由に操れると主張しています。

<参考:輪切りの力>
・わずか15分の会話を聞くだけで、夫婦の15年後が予測できる

・4つの感情に着目すれば、必要な情報はそろう
 - 防衛
 - はぐらかし
 - 批判
 - 軽蔑

・医者が医療事故で訴えられるのは、ミスの回数とは関係ない
 - 医者からまともに扱ってもらえないから訴えられる


posted by Cardoso at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。