2008年03月21日

日本の経済成長

放送大学.gif

なぜ日本は高度成長を成し遂げたのか。
この問いに対する答えは、人それぞれ変わってくると思いますが、講義の中で興味深い話が出てきました。

当時、働くことで多忙を極めていた日本国民は、とりあえず目の前の仕事を片付けることが先決で、自分の抱えている問題について向き合う時間を取ってこなかった、忙しさを奪われることに抵抗感があったという話です。

時代は変わって、自分のことを振り返ると、同じような状況だなと思いました。毎日、頑張って働いていますが、自分の本当の夢は何だろうとか、本当は何をやりたいのかとか、あまり真面目に時間を取って考えていないのです。

それに気づいただけでも、講義を聞いた甲斐がありました。

<参考>
・日本経済は変動を繰り返しながら成長してきた

・実質GDP
 高度経済成長のような急激な成長はしていないが、
 日本は現在でも成長している。

・日本の変化
 - 現代はみんなが会社員
 - 産業構造の変化(第3次産業の増加)
  暮らしの都市化

・高度成長
 - 育つ環境があった
  自由貿易体制で資源を持たなくても外国から取り入れた
  日本の政治情勢が比較的安定していた
 - 内部構造が変わった
  労働の質と量、場所が改善された
  教育熱心な国民性、若い労働人口
  貯蓄率が高く、経済の運用資金となった
  生産性の向上(設備投資)
  公共事業の整備(学校、鉄道、病院)


ラベル:経済beginners
posted by Cardoso at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済beginners | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。