2009年04月17日

自分づくりと人育ての法則

自分づくりと人育ての法則.jpg

人材育成に関する仕事をすると、後からある種の気づきが起こって、自分の成長につながるといった経験をすることがあります。この本を読むことで、そのしくみが見えてきたような気がします。

他者の育成の前に、自分を見つめることを重視する。その際に、いかに自分を見つめるかを意識する。こういった心構えをもてると、自分も他者も伸びていけると思います。

キーワードは自分建設力です。内発的に立てた目標に対し、継続的にやり遂げる力をどのようにつければよいか、気になる方は読んでみてください。続きを読む


posted by Cardoso at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

フロー・カンパニー

フロー・カンパニー.jpg

フローの話は以前から書籍で読んでみたいと思っていましたが、なかなか敷居が高そうで敬遠していました。

この本の副題には、「飛躍し続ける個人と組織に生まれ変わる法則」とあり、気になったので手にとってみました。

フローというと、燃える集団というチームに関する話を思い浮かべますが、この本では、個人レベルでいかに心の状態を機嫌よく保つかについてやさしく解説しているため、かなり理解が深まりました。

また、自分ひとりでも実践できる内容が書かれているため、たくさんのヒントを得ることもできました。

チーム構築だけでなく、自分の改善をしたい人にもおすすめの本です。続きを読む
posted by Cardoso at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

自分の時間




初版は1990年と古いのですが、普遍的で重要なことが書かれています。

この本を読んで反省したのは、いたずらに本を読み、冊数を重ねても意味がないということです。

最近特に、読み方が雑なのではないかと反省するきっかけになりました。続きを読む
posted by Cardoso at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

早朝起業




過去に、「マインドマップ読書術」という本を読んで、読書のアウトプットとしてのマインドマップの威力を知ったことがあり、同じ著者の本書も早速読んでみました。

心に響く表現が多々あり、特に今まで敬遠していたバランススコアカードも自分の夢について分析するツールとしてとらえると、試しに使ってみようかなと思えてきます。

ベースにある、読書による人生の充実という考え方には共感できます。今後も、自分のペースで本を読んでいこうという気持ちになりました。続きを読む
posted by Cardoso at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

パーソナリティコード

パーソナリティ・コード.jpg
自分のパーソナリティが判定できるテストが受けられます。
仕事や生活のいろいろな場面で、自分が最大限に活躍できる状態を作り出すには、まずは自己認識をしっかりと持つことが大事だと説いています。

それで、早速受けてみました。
続きを読む
posted by Cardoso at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

自分のために「キャリア」を自分で創る




自分に向いた仕事につけているか、自分に向いた働き方ができているか、結構考えることがあります。

先日、職務経歴書というのを書いてみたのですが、読んでみると、書いている本人ですら、つまらないと感じてしまうほどの内容でした。

自分の関心事があまり分析しきれていないので、どういった働き方で自分のモチベーションを上げてきたかが把握できていないのです。

同じ会社の中でも、新たな職種にチャレンジするときは、必ずこれまでの自分の働き方を振り返ると思います。振り返った内容を過去のものとして扱うのではなく、将来に目を向けて前進していく自分に変えていくには、どのようなことをすればよいのか。本書でヒントが得られるかもしれません。続きを読む
posted by Cardoso at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

チーム・ダーウィン

チーム・ダーウィン.gif

会社がなくなるかもしれないという危機的状況の中、企業の業績回復のための業務革新のために、プロジェクトチームが結成されます。

会社の意図が見えないまま、集まったメンバーはチームとして機能することなく、やがて暗礁に乗り上げるのですが、このどん底の状態から、徐々にひとりひとりが何かを学び取って、チームとして成立していきます。

この成長の記録が物語仕立てで描かれていて、夢中になって読みました。

要所で涙を誘う感動的な場面もあり、学習する組織について、楽しみながら学ぶことができる本です。続きを読む
posted by Cardoso at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

キャリアをつくる9つの習慣




自己分析すると、私は割りと高い目標を掲げることをせず、淡々とできることをこなすタイプだと思うのですが、そのような生き方がキャリア形成には不向きで、自分自身のキャリアを開発できていないと思ってきました。

ところが、この本を読んで、必ずしも高い目標だけがキャリア形成にとって重要なわけではないと考えるようになりました。高い目標の達成に意欲を燃やせる人もいれば、そうでない人もいると考えることで、気分は楽になります。

予想できない未来は計画通りにいかないものですが、それでもキャリアを開発していくには何を意識すればよいか、気になる方はこの本を読んでみてください。続きを読む
posted by Cardoso at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

自分をグローバル化する仕事術




自分で、仕事がうまくできているなと感じるときは、大抵は物事が俯瞰できて、余裕があるときです。

目の前の作業を高い質でこなすのも大事だと思いますが、それに加えて、自分の役割というものも心得ていると、作業の意味はもっと深まると思います。

この本は、すぐに仕事に使えることばかりが書いてあるわけではありませんが、人々が行動するときの柱になり得る大事な考え方が書かれています。

20のルールの中で、自分にとって大事なルールは何かといった視点で読んでみると、発見の多い本だと思います。続きを読む
posted by Cardoso at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

加速上昇

加速上昇.jpg

会社から必要とされる人には、ある共通した行動特性、思考があり、この本ではそれらがとても分かりやすく解説されています。

自分は他者に生かされているという認識があると、今よりも前向きに物事をとらえることができ、仕事の成果にもつながるかもしれません。

求人と求職のマッチングをする筆者ならではの問題解決型人材像が伝わってくる本です。続きを読む
posted by Cardoso at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

プロフェッショナル企画書

プロフェッショナル企画書.jpg

ストーリーを語ることが企画の提案には求められます。企画書の構成について普段なかなか学ぶ機会が得られなかったのですが、この1冊で基本は網羅できると思います。

さらに、巻末の企画書サンプルは、見ているだけでも図解表現の引き出しが増えること間違いなしです。

アイデアだけに頼らないプランニングの基本を知りたい方は読んでみてください。続きを読む
posted by Cardoso at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

セルフトーク・マネジメントのすすめ




世の中には、いつも安定して高いパフォーマンスを発揮できる人がいます。彼らの特徴のひとつに、集中力があり、本書ではこの集中力の高め方を理論的に解説しています。

また、自分の気持ちを集中させる前段階として、自分の感情を前向きにしたり、行動を前向きに変える手法が述べられており、どれも日々の対人関係の場面で活用できる内容になっています。

自分のパフォーマンスを上げたいと思っている方にはおすすめです。続きを読む
posted by Cardoso at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

続ける力

続ける力.jpg継続は力なりという言葉がありますが、昔の人はうまいことを言ったものです。

新しいことを始めて、最初は新鮮でも、三日坊主で終わってしまうということはありませんか。

私も例外にもれず、このブログも初めの2ヶ月間は毎日書き続けていましたが、最近はどうも休みがちです。

毎日の生活の習慣にするような施策が必要だと思いました。

それから、時間割は計画ではないという話が出てくるのですが、目標設定の重要性も再認識させられた本です。続きを読む
posted by Cardoso at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

私塾のすすめ

私塾のすすめ.jpg

著者の2人は、自分と対話し、考え続けた時期というのを人知れず持っていて、その蓄積が著作で独特の思想として展開されているのだと思いました。

何を、どのように感じて学んでいくか、自分がこれからの人生を生き抜いていくために、自分で考えることの重要性を教えてくれる本です。

模倣から個性を生み出す力強さを感じた一冊です。続きを読む
posted by Cardoso at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

「先読み力」で人を動かす


いつも、仕事の予定は1週間先を読むようにしているのですが、常に1週間先を見ているわけではなくて、週末には数日先も読んでいないことがよくあります。

忙しさに追われて、計画をじっくり考える時間を取っていないのです。

この本には、3週間先を読む話が出てくるのですが、なかなか新鮮で、自分にもできそうな気がしています。

一歩とは言わず、常に半歩でもよいから先を行っていると、余裕を持って仕事ができそうですね。続きを読む
posted by Cardoso at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

間違いだらけのMBA


MBA = 経営学修士 という理解のまま、それ以上深く考えたことのなかったMBAですが、この本を読んで、かなりMBAに関する思い違いが減りました。

日本という国はMBAに関して言えば、本来の意味が正確に浸透しきれず、学位としてのMBAが大量に発行されているそうです。

単に学位を持っていても、それが何の役に立つか。
資格ではなく、学位だという理解をしておくと、取得だけが目的の勉強に陥らずにすみそうですね。

人間関係でしか培えないスキルをこの本ではソフトスキルと呼んでいます。よい言葉ですね。
(コミュニケーション能力、交渉、リーダシップ、思考、感情、思想、哲学など)続きを読む
posted by Cardoso at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

1ページ・マネジャー


1ページリポートの概念であるフォーカスリポート、フィードバックリポート、マネジメントリポートの3種類を提案しています。

また、目標にも3種類あって、これらの例をもとに、現場の事例も幅広く紹介されています。

続きを読む
posted by Cardoso at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

グーグリネス


Googleは創業して10年になりますが、驚異的な急成長を遂げています。
数年前から、「ググる」という表現が日常会話に出ていることからもわかるように、多くの人々に影響を与えています。

Googleという新しい会社が何を目指して作られたのか、その根底にある思想とはどのようなものなのかが書かれています。

ネットの海に漂う膨大な知識をいかに整理し、表現するか。
会社として経営を成立させることと、個人の自発性を重んじることを両立させているすごさにただ驚くばかりでした。続きを読む
posted by Cardoso at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

技術者の眼


この本には、さまざまなラベルが登場します。

デザインサビー、エバンジェリストなど、普段聞きなれない言葉が出てきますが、最終的には読者にもわかりやすい使えるものが抽出できると思います。

経験に裏打ちされた技術者の視点を少しでも確立したいものです。続きを読む
posted by Cardoso at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

チーム力


ベンチャービジネスは、ひとりのカリスマ社長が会社を引っ張って、ビジネスを成功に導くイメージが強いですが、必ずしもそうであるとは限りません。

むしろ、チームが一体となってパフォーマンスを発揮できる状態が、会社の成長には必要で、役割分担とチーム力の結集は、集団で仕事をするときには常に重要な考え方です。続きを読む
posted by Cardoso at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル人材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。